「不動産売却」手続きのながれ

不動産売却の流れ

査定の依頼前の調査

まず、ご自分でお調べいただきたいこと
①お売りになりたい不動産の周辺の不動産売買価格相場
 インターネットで「(地名:秋田市など) 不動産(または中古住宅、土地)」などの条件で検索しましょう。
 価格の相場だけでなく、どんな物件と競争になるかも知ることができます。
 査定報告を見比べるときの参考にもなります。
②査定を依頼すべき不動産業者の業務内容
 必ず、その業者のHPを閲覧してください。
 得意・不得意がわかりますし、会社の様子もなんとなくわかります

査定依頼をする

査定の方向は、簡易査定と詳細査定(建物の場合は室内も見ます)があります。
まず、だいたいの価格が知りたいという場合は簡易査定で構わないと思います。
売却することが確定している場合は、二度手間にならないよう詳細査定を依頼いただく方がよいでしょう。

査定は複数社にと言われますが、あまり数多くに依頼すると混乱します。
あらかじめ信頼できそうな数社に絞って依頼されることをおすすめします。

参考→査定価格の算定方法

売却査定依頼

売却を依頼する業者を決定し、媒介契約を結ぶ

不動産査定報告を受け取られたら、内容をご検討ください。
ご自分が調べた周辺相場とあまりにもかけ離れていた場合、媒介を取りたいための高い設定かもしれません。
査定の根拠について、詳しい説明を求めてください。
その際、根拠がはっきり説明でき対応がきちんとした会社をお選びください。
また、販売実績やどのような販売活動をしてくれるのかも併せて聞いてみましょう。

販売価格は、査定の金額をもとにご希望も伝えた上で協議して決めます。
販売を依頼したいと思った会社の査定がご希望を下回った場合、ざっくばらんにご相談ください。
販売価格、販売条件を納得いただいたら「媒介契約」を締結していただきます。

ご依頼の際には、依頼先に売却する際の条件をきちんと伝えてください。
入居中のご自宅を売る場合には、お引越しのスケジュール、備付のもので取り外して持っていくもの
最低手元に残したい金額等など、あらかじめお話しいただくとトラブルが回避できます。
また、壊れている箇所や近所とのトラブル等があれば、必ず伝えてください。

販売活動の開始

媒介契約を締結すると、販売活動に入ります。
指定流通機構への登録、HPでの告知、チラシ・新聞広告・フリーベーパー等での広告が行われます。

中古住宅の場合、内覧させていただくことになります。
なるべく購入検討されている方のご希望にそえるよう、ご都合をつけていただくと助かります。
無理な場合でも、何曜日なら案内可能だという風にお伝えいただければ、ご案内時に調整いたします。

ご案内した方が「申込み」された場合、その旨をご報告します。
申込みされた方がローンをご利用になる場合、その手続きに時間をいただく場合もございます。
また、契約の条件についても、双方のご希望をうかがって決定いたします。

売買契約の締結

契約条件について、双方の合意ができ、申込みした方のローンの目途がつけば、いよいよ契約です。
契約前に、契約時にいただく手付金の額、お引き渡しの時期等を確定し、契約書を作成し双方署名捺印して契約完了です。

契約が完了すれば、お引き渡しのための準備にかかっていただきます。
①書類の準備(権利証または登記識別情報、印鑑証明書、実印)
②抵当権がある場合、抹消のために金融機関と協議
③お引越しの手配
④お隣との境界をはっきり示す(不明確な場合、測量をしていただく場合があります)
⑤固定資産税の精算がある場合、固定資産税通知書を不動産会社に提示

その他、不動産会社と協議の上進めます。

お引き渡し→契約行為の完了

買主が売買代金を支払うのと同時に、所有権は移転します。
抵当権抹消登記、所有権移転登記も同時に行います。
中古住宅の場合、鍵のお引き渡しもします。
立会いの上、設備の使い方を教えていただく場合もあります。
同時に、仲介料をお支払いただきます。

以上で、基本的に売買は完了となります。
ただし、一定期間瑕疵担保責任を負う旨の契約をした場合は、不具合が発生した場合修理の義務等が発生する場合もあります。

売却査定依頼