売却を依頼する会社を選ぶ基準はなんでしょうか?

まずは信頼できる会社かどうか見極めましょう

いざ売却しようと思っても、どこに頼むかは悩みどころだと思います。県外在住の方にとってはなおさらでしょう。

不動産は、物件ごとに様々な建築制限があります。他にも境界に問題がないか、依頼者が本当の所有者か、災害の危険はないか・・・
その他もろもろ、まずはしっかりした調査が必要です。ここを怠ると、あとでトラブルが発生しかねません。
まず、きちんとした調査をしてくれるかどうか、これが大前提です。
その上で、誠実に対応してくれる会社かどうかを判断する必要があります。数社に査定をしてもらい、電話で納得がいくまで説明をしてもらいましょう。印象がよく誠実だと感じられることが大切だと思います。

査定価格が高ければ、高く契約できるとは限りません

注意していただきたいのは、「査定価格」と「販売できる価格」は違うということです。
査定価格にもとづいてつけた「販売価格」が市場価格を大きく上回ると、なかなか客づけできず最終的に大きく価格を下げて売却したという例は少なくありません。
数社に査定を依頼した場合、「査定価格」に大きな違いがある場合は、各社に査定価格の根拠を尋ねて吟味してください
  *査定の方法については、 ”不動産の査定の仕方” をごらんください。
依頼する会社を選ぶ際、価格の高低で決めるのは避けましょう。しっかりした根拠を示してた上で適切なアドバイスをしてくれる会社をお選びください。

もちろん、販売力は絶対条件です

もちろん、販売力も大切です
近頃は、チラシ・フリーペーパー・新聞広告等に比べ、HPからの問合せの割合がどんどん高くなっています。スマホからの閲覧も増えています。HP掲載物件を見て、「この物件を見てみたい!」と思いましたか?
ご依頼の前に、必ずその会社のHPをチェックしてみてください。
HPは情報量が多いので、土地や中古住宅をお探しのお客様に詳細な情報を提供することができます。
情報提供する会社の熱意の差が現れるところです。
物件の情報をわかりやすく掲載してくれる会社を選ぶことをおすすめします。


おかげさまで、このホームページを訪問していただくお客様が増えています。
問合せいただく大部分のお客様が「HPを見ています!」とおっしゃっていだだいています。ぜひ、物件情報もご覧になってください。
ぜひ弊社にも、査定をご依頼してください。お待ち申し上げております。

売却査定依頼