不動産を相続するということ

「財産が少ないので、もし死んでもトラブルは起きないだろう」

そうお考えの方は、是非お読み下さい。
「財産が少ないから問題にならない」 のではなく 「財産が少ないからこそ問題になる」 のです。
相続税がかからない程度の財産の方が、相続をめぐるトラブルが多いというデータがあります。
旧民法では、長子相続なので、トラブルが発生する余地はありませんでした。
今は、法定相続人がおのおの権利を主張でき、争いになる危険をはらみます。
厳しい経済状況下、生活に困って遺産をあてにせざるを得ない方もいらっしゃるでしょう。
財産の多少にかかわらず、紛争のネタはあるわけです。

相続財産が不動産という場合を考えてみましょう。
大部分が、亡くなる前に住んでいた土地・建物というケースだと思います。

不動産していた不動産に一緒に住んでいて、そのまま住み続ける
相続登記をすればいいだけです。
そうでない場合、「売る」か「貸す」か「空き家のままで管理し続ける」のいずれかでしょう。。
不動産は、換金性するのに時間がかかります。
固定資産税もかかります。
相続人の方が遠方に住んでいれば、管理も大変です。
荒れ放題で放置されている空き家も増えています。
でも、親御さんの住んでいた家を売るのは抵抗があるという方も多くいらっしゃいます。
また、片づけ等が大変でほおっておくという人もいらっしゃいます。

お子様のために、お元気なうちに不動産の整理をされるという選択肢もございます。
不動産は、残された遺族にとって厄介な財産となることもあるからです。

家の管理が大変だと思われたら、不動産を売却して「現金」として手元に残し
賃貸のマンション等に住むなどという選択肢もあるのではないではないでしょうか。
ケースバイケースですが、ご相談いただく価値はあると思います。

将来に備えて、今から一緒に考えていきましょう。
なんでも気軽にご相談ください。

まず査定してみたいという方は、下記のフォームから。
これからどうすればいいんだろうというご相談は、フリーダイヤルにお問合せください。

売却査定依頼

ご相談のかたは、こちらからもお問合せできます

フリーダイヤル 080-603-4563