中古物件を高く売りたいなら~ものを減らす

なぜ、モデルハウスはきれいに見えるのか

引越後
入居中

上の写真を比べてください。少し撮影角度は異なりますが、同じ中古住宅の入居中(右)と引越後(左)です。入居中でも物は少ないお宅だったので「劇的ビフォーアフター」ではないのですが、引越後はよりすっきりと好印象を与えます。
ご自分が中古住宅を探していると想像してみてください。同じ価格で全く同条件だったら、どっちを見に行きたいですか。普通なら「左」でしょう。物が無くなるだけで、こんなに印象が違います。
整理整頓はもちろん大事ですが、それ以上に物の量が決め手です。最低限のもので暮らす、それ以外は棄てるか収納して内覧した人の目に触れさせない。これをしていただけば、好感度はぐっとアップします。印象がよければ、高く売れる可能性も増します。
モデルハウスには、家具を配置し食器や台所用品や緑で、生活感を出し過ぎないようにイメージを演出します。だから、「こんな家に住んでみたいな」となるわけです。

不要なものを、安く処分する方法~秋田市の場合

不要なものを処分する場合、大量のごみを通常のごみ収集に出すことはできません。とはいえ、廃棄業者に頼むとそれなりの費用がかかります。
手間と時間を惜しまないなら、秋田市の場合は秋田市環境部総合環境センター(秋田市御所野にあります)に持ち込んで廃棄することができます。リサイクル家電品やパソコン・タイヤ・古紙など引き取ってもらえないものもありますが、布団や食器類その他かなりのものは持ち込み可能です。ただし作業は全部自分で行わなければいけません。費用は10kgあたり115円です。(平成29年3月現在)1t捨てても11500円です。入所した時の重さと出所したときの重さの計量し、その差に応じて支払います。
くわしくはこちらから→総合環境センター

普段からすこしずつ捨てておけば、いざというとき楽になります。
また、自分ではなかなか片づけられないという方には、「整理収納アドバイザー」の資格をもつ方をご紹介します。一緒に片付けながら、片付いた状態を維持する方法までアドバイスしてもらえます。

すっきりきれいにすることが、高く売るための第一歩。売ることを考え始めたら、片付けることも併せて考えてください。

売却査定依頼