不動産購入のポイント<優先順位を決めてスピードアップ>

不動産を購入する動機はなんですか

なぜ、不動産(戸建住宅、マンション、土地)を購入しようと思われましたか?

今住んでいる場所に不満がある。(不便、うるさい、学校や職場が遠い)
結婚して、新しい住まいが必要だ。
今住んでいる家に不具合がある。(狭い、広い、寒い、古いなど)
家賃の支払いがもったいない気がする。

など、人それぞれ様々な理由が挙げられると思います。
動機がはっきりしていれば、条件も絞られてくるでしょう。

土地を購入して新築される場合は、立地、敷地条件、周辺環境、予算がポイントでしょう。
ご希望の建物が建築できるかどうかも、重要なポイントです。
建物は、予算内なら好きな建物が建てられます。

中古住宅の場合、もう少し条件が厳しくなります。
土地に建物がくっついています。(当然ですが)
販売されている物件から選ばなければなりません。

すべての要望を満たす物件は、まずないと覚悟していただきたいのです。
そこで重要なのが、条件の整理です。

条件を整理して、優先順位を決める

まず、ご要望を全部書き出してください。
○○小学区、スーパーが近い、車が2台以上駐車できる、間取りは3LDK以上、庭が欲しい、道路は南向きで6m以上・・・・
この段階では、とりあえず全部挙げてください。
その中で、優先したいことを、1番から番号をふってみてください。
これだけは譲れないこと、これは我慢できるという点が整理できます。
このとき、必ず、ご家族で話し合ってくださいね。

奥様とご主人のご要望が一致するとは限りません。

気に入ったら、スピードが大事です

見る目を養うには、いろいろな物件をご覧いただくのが一番です。

一方、矛盾するようですが、ひと目惚れ(びびっと)もありです。

いろいろ迷ってた後、「あの物件が一番良かった!」と思っても
一足先に誰かが買ってしまったということは意外に多いのです。

絶対譲れないポイントがほぼ充たされていれば、それはベストに近い物件です。

ポータルサイトをいくつかをご覧にいただくと、かなりの物件数がございます。
でも、今お子様の通われている小学校の学区内に絞ったら、物件はいくつあるでしょう?

実は、学区によっては、数件しかない場合も多いのです。
人気の場所にある、値段が手ごろ、築浅の中古住宅などは、早々に決まってしまいます。そういう物件なら、情報を出して1週間以内に申込みが入る場合の稀ではありません。

とはいえ、あせって決めて後悔したというのでは、元も子もありません。

納得がいくまで、根掘り葉掘り聞いてください。
ここは絶対妥協はしないでください。

優先順位が決まっていれば、質問のポイントもわかります。
要望をかなえることが出来るのか、または要望通りでなくとも解決方法があるのか
そこを押さえられたら、きっといいお買物ができます。

最後に、案内してくれた業者の説明がいい加減だったり、不親切だったりしたら
別の業者さんにも意見を聞いてみてくださいね。
家とも、担当する人とも、相性が大切です。