転勤になったら→売る?貸す?

転勤が決まった場合、自宅をどうするか。
貸す方がいいか、売る方がいいか、悩むところかと思います。
どちらがいいかは、ケースバイケースです。

まず、各々のメリットとデメリットには次のようなものがあります
貸す場合のメリット
 ・資産を持ち続けることができる
 ・継続的に家賃収入を得ることができる
 ・土地が上昇局面にある場合、資産価値を維持できる
デメリット
 ・設備等の修理や交換が必要、入居者交代の場合リフォームが必要になることもある
 ・管理費の発生
 ・固定資産税の支払いがある
 ・空き家になった場合家賃収入がなくなる
 ・借り入れがある場合、家賃が返済額に満たない場合、継続して持ち出しが発生
 ・売りたいと思っても、入居者があれば退去に時間がかかる
 ・確定申告が必要
売る場合のメリット
 ・売却代金が得られる
 ・資産価値が目減りしない
 ・維持管理の面倒がない
デメリット
 ・売却にかかる諸経費を除いた金額が、住宅ローンの残債額を下回る場合、自己資金の持ち出しが発生する
 ・資産がなくなる
 ・土地が上昇局面にある場合、損をする場合がある

ほとんどの方が住宅ローンを借りられていると思いますので
住宅ローンの残債務がある場合を考えます。(あくまで一般論です。)

築浅(建築してからあまり年数が経過していない)の場合は、売ることが困難なケースが大部分です。
当初は、ローンの返済額に占める金利の部分が多く、残債務があまり減らないため
売却できる価格が残債の額を大きく下回る場合が多く、差額は自己資金を充当しなければばらないことになるためです。
この場合、貸すという選択になると思います。
自己資金が多く、借り入れ額が少なかった場合は別ですが。

建築後20年くらい経過した場合は、残債務がぐっと減るので、売却代金と残債務の差は縮まります。
秋田の場合、人口の減少が続き、地価の上昇はあまり期待ができず
持ち続けるほど資産価値が目減可能性が高いと考えます。
家賃とローン返済額の差が少ない場合、または返済の年限が近い場合は貸すという選択もありますが
そうでなければ、器具等の故障が発生する可能性や固定資産税の負担も考えると
売却を選択した方がいい場合も多いと思います。

もちろん、将来また戻って住むという可能性の有無が一番のポイントです。
生まれ育った地で、将来は戻るという場合は、「貸す」可能性が高まると思います。
逆に転勤族で、ご夫婦ともに生まれ育ったところでない場合は「売る」方がいいとなるかもしれません。

いずれ、いろいろな要素を考慮する必要があります。
まず、売却の査定と家賃の査定の両者を比較する必要があります。
転勤が決まって、売るか貸すかで迷われたら、まず査定をご依頼ください。

売却査定依頼